【2020年 上半期編】My Best Music …

Music

2017年頃から始めた『My Best Song』

これまでは「音楽を聴いているのにブログに書き出さない」という状況から

「新しい曲を知る時間が減った」へと変わりました。

webデザインを学習する際の動画の音声でふさがって耳が足りないってのと

AAAとか元気になれる嵐さんとか、好きな人たちの曲を聴いてるだけなんですけどね。

音楽番組も見る時間を取らなくなりました。

それでも、久々にみる音楽番組は気持ちが高鳴るし、

やっぱり音楽って素晴らしいなぁ〜ってなります。

アーティストそれぞれのドラマと思いがあって生み出される楽曲たちは

心を動かされるものがあります。

私自身の趣味・生活志向が現れてはいますし、

なかなか深い考察までできなくて事実を並べることしかできませんが

そのまま流れていくよりは、記録として残しておくとことのほうが

大切だと思うので記していきます。

Song

紅蓮華 /  LISA

自分から聴かなくても、自然と聴こえてくるので

2020年上半期に最も聴いた曲だと思います。

アニメはまったくわかりませんが、1月頃にアニメ『鬼滅の刃』を見ました。

ほんとに死ぬしかないんじゃないかのレベルで病んでいた頃に

「何か現実逃避するものを…」と、

気になってるし気分転換にでもと見たのが『鬼滅の刃』でした。

病んでた理由についての話はコチラの記事にて。

【2020年 1月編】My Story…
X Mindを使って作った2020年上半期編の「いつ始めたか、なにをしたのか書き出しをする。」を詳細に書いていきます。「誰のためにではなく、自分自身のために。」さっき、自分自身の過去の記...

炭治郎くんの努力をする姿に感情移入して

「自分は何もやってないな…」と、徐々に英語の勉強を再開しました。

Lisaさんの力強い歌声がクセになってやみつきになりますし

元気をくれる曲だなぁって思います。

よふかしのうた / creepy nuts

配信のMETROCKを見て気になってたところ

YouTubeでたまたまオススメに出て見た『有吉の壁』の加賀屋のネタで

creepy nutsのモノマネして本人登場する流れ中でフリースタイルが始まり、

ディスが愛すぎてより気になり度が増しました。

その中で歌ってた曲が『よふかしのうた』でした。

さらに衝撃は続き

まさかのMV撮影場所が、オードリーの春日さんの(元)自宅の むつみ荘という。

オードリー好きな人。←

Creepy Nuts / よふかしのうた【MV】

もちろんcreepy nutsのことは知っていたけど

METROCKで日高さんと絡みがあったから聴こうってなったのが悔しい。。

想像以上に音も聴きやすいしかしも面白いし、なんでもっと早く聴こうと

してこなかったんだろうってなりました。

カミツレベルベット2020 / SKY-HI

2015年。えっ、5年前の曲なの…?

「何度、踏み潰されてもカミツレの花のように何度でも立ち上がろうよ。」

って言ってくれている曲です。

気持ちが落ち込んでしまった時に、私にとって1番の処方箋です。

歌い方が優しくなっている。。

FANTASY / THE ORAL CIGARETTES

これまでのオーラルの音楽の常識をひっくり返すかのような

新鮮なダンスミュージックサウンド。気持ちが楽しくなってきます。

自粛期間中で発売延期が目立つ中で

オーラルとDa-iCEがALBUMの発売日が同日という共通点から

オーラルの『fantasy』をDa-iCEの工藤大輝さんがカバーする。

Da-iCEの『BACK TO BACK 』をオーラルがカバーする。

という企画をされていました。

ちなみに、『BACK TO BACK』の原曲がコチラ。

ダンス圧倒的にキレッキレでかっこいい大輝さん。

2人分の歌唱を編曲込みで自分の曲かのように操るするヤマタクさん。

これはチケット代払って行くライブで見るレベルのものです。😂

しっかり形にして残す有言実行な彼らにリスペクトです。。

My will / Dream 

この曲は『犬夜叉』の1話目頃の曲になります。

2月-4月頃に見ていました。”なぜ見たのか” とかはコチラの記事にて。

【2020年2月編】My Story…
X Mindを使って作った2020年上半期編の「いつ始めたか、なにをしたのか書き出しをする。」を詳細に書いていきますシリーズ第2弾。「誰のためではなく、自分自身のために。」2月編...

2000年リリース曲だけあってメロディや音の雰囲気が淡くて、懐かしい感じが好きです。

話が進むごとに歌詞がリンクしていって、理解が深まっていくので感動します。笑

調べてて驚いたのが、E-girlsのdreamが後継の姿みたいですね。時代…

would n’t it be nice / The Beach Boys

上野樹里さんと嵐の松本潤さんの主演映画『陽だまりの彼女』の挿入歌です。

4月映画を視聴したことをきっかけに、ハマってしまった曲です。

美しい映像を撮られる三木浩介監督の作品で2人の撮れ高が美しかった…

曲名の日本語訳は「素敵じゃないか」。

映像と同時に音楽も気になるってことは

あまりなかったので珍しい音楽との出会い方でした。

青春の馬 / 日向坂46

今、坂道の中で最も名前を聞くグループな気がしてます。(たぶん身内のせい)

本人たちのオリジナルドラマの主題歌です。結局、見れていないですが。。

この曲を聴くと気持ち元気になるし、明るくなれます。

2,019年の My best song で1番に挙げたほど日向坂の『キュン』が好きすぎて、

あつ森の住人の口癖を「きゅん」って言わせてます。笑

Album

CEREMONY / King Gnu 

Album丸々聴くべし。

それだけ。

umbrella / Dropout / SEKAI NO OWARI

AlbumではなくSingleですが、3曲ともよかったので。

Mステで『Dropout』を歌ってるのを見て

それからガッツリ聴くようになりました。

『umbrella』は Indigo la endみがあるって言われてます。確かに。

Special

コロナウイルスの自粛期間中に生まれた神曲を、時系列順に紹介します。

当初は引き続き、SpotifyまたはYouTubeを貼る予定でしたが

可能な限り、本人の想いが沢山詰まっているInstagramの投稿にしました。

うちで踊ろう / 星野源(2020.04.03)

星野さんのアクティブさと発想力が、ステイホームは悪いことじゃないって思えたし、

それが広がって音楽アーティストたちにとっての可能性を広げたのではないかなって思いました。

音楽というジャンルを超えて、俳優・女優さん。芸人さん。

たくさんのコラボを見ることができました。

(星野源さんのストーリーアーカイブで見ることができます)

芸能人を超えた、コラボもとても温かい気持ちにしてくれました。

僕にできること / Nissy(2020.04.03)

星野源さんの次に話題になった曲って、

偏見なしで西島さんの曲かなって思います。

個人的に自粛期間中のポジティブな出来事って

  • 桐谷美玲ちゃんの出産(おめでたい)
  • 手越さんの会見(清々しい)
  • 西島さん初インスタライブ(歴史が動いた)

くらいかなって思うんですよね。

振り付けありver. は 耳も目も、とても癒されます。♡

Stay Home / SKY-HI(2020.04.06)

ネガティブな言葉すらポップで楽しそうなメロディにのせるのは

皆んなが暗い気持ちになる必要はなくて、楽しむことは悪いことじゃない

ってことを伝えていきたい彼の想いが詰まっている。

この記事でも書かせていただいたけど

【もはや伝説】SKY-HI『We still in the lab』無観客ライブは”2020年を生きる全ての人に見てほしい”と思った。
SKY-HI『We still in the LAB』無観客Live生中継 2020.06.17 / 開演 20:00 - 終演 22:00 ...

これまで出してきたリアリストの歌詞と、

現実の状況がここまでリンクするのかってほどにリンクしている。

最も行動して、働いていた音楽アーティストなんじゃないかなってくらい

誰よりも早く自宅ライブを取り入れていたし

単独とフェスを通して生ライブしていたし、

無観客ライブは2、3本してるし、変わらず半端ない熱量だし

この人は、ほんとに音楽やっている人としてかっこいい。

The days (2020.04.13- 05.31)

SEKAI NO OWARI の深瀬さんとSKY-HIが

「こんな時だからこそ何かできることを」と企画したマイクリレー。

※完走したものを掲載しています。

個人的には2人の企画ってだけでテンション上がるのに

とんでもないメンツ揃い。

SEKAI NO OWARI の なかじんが作ったトラックが

世代とヒップホップを超え、ロックを超え、

ガーリーにも、お芋屋さんの音にもなって面白い。

ゴールに気づいた頃には13人、13分超えの超大作リレーになっていました。

個人的には

たなかくん(元 ぼくのりりっくぼうよみ)

NOVEL CORE くん

きゃりーぱみゅぱみゅ ちゃん

04 Limited Sazabys の GENさん

のパートが好きです。😊

re:  もう一度(2020.06.05)

サムネイルより左から

清水翔太、三浦大知、阿部真央、Kenta (WANIMA)、Aimmer、絢香、Nissy 、TAKA(ONE OK ROCK)

[ re: ] /『もう一度』

これまたメンバーが強すぎる。ジャンル幅が広すぎて最高。

ONE OK ROCK のTAKAさんのインスタコラボを通して、

想いに共感する人たちが集まって実現した企画。

ほんとに神コラボであり、神曲。後世に伝えていくべき。

にしても、三浦大知さんと清水翔太さんはどこにでもいる。

フットワークの軽さと顔の広さ。

ここまで読んでくださった方。本当にありがとうございます。

感想を書き起こすってのは本当に難しいです。

既に、また新たに聴き始めた素敵な曲と沢山出会っているので

また書き起こせたらいいなって思います。

最後に、この先は目を背けたいけど向き合わなければならないこと

について想いを書きました。

完成された文章ではないし、うまくまとまっていないですが

載せることにしました。よろしければ。


これ以下の文章は不快な気持ちになってしまう可能性があります。

ご注意ください。


三浦春馬さんの報道を受けて、気づけば3日が経過している。(7月21日記載)

きっと、誰もが予想していなかっただろう。

多くの人が、彼のことを羨ましがった存在だと思う。

それだけ彼は、人としてもまっすぐで誠実な俳優さんだったのだろう。

今もなお、ずっとこのニュースが頭の中に残っているし今までにないほどに、

死について、自殺についての恐ろしさを考えている。

もちろんお会いしたことはない。でも、とんでもない喪失感がある。

一日でも早く背けたい。けど、忘れてはならないと思う。だから記します。

私自身があまりドラマや映画をリアルタイムで見ないので詳しくはない。

映画『君に届け』の風早くんのイメージかな。

最近だと、こういう系の役もやるんだって驚いた。

最後に見かけたのは、比嘉愛未さんとのインスタライブだったなあ。

flumpoolの『君に届け』

『君に届け』って恥ずかしくなるほどキュンとして元気をもらう曲なのに

これからは聴こえ方が変わって泣けてきちゃいそうだなぁ。。

ゆずの大ファンという話も。

音楽好きならば、去年と同じように音楽を楽しめる空間だったならば

もしかしたら未来は違ったのかもしれない。

誹謗中傷によって自ら命を落とさなければならなかった

ってどうにかならなかったのかな。これ以上、誰も殺さないでほしい。

こんなことあってはならないよ。

私自身は、実際に自分を傷つけたりした経験はないけど

いっそのこと消えちゃわないかな、死なないかな って思うことがよくある。

どんなにポジティブな話をしても

ネガティブな話が特別浮き立ってしまうし、裏返してしまう。

どんなに励ましても、何度励ましてもらっても、

その人自身の判断にしかならないということ。

書き起こしはしませんが、音楽を好きの中で思い当たったことと

反省するものがあって記録した文章があったので貼っておきます。

今回は人気俳優ってことで

多くの人が気遣い、考えたけど

忘れてはならないのは

より近い身近な関係の人たちにも、

他の芸能人について話す時にもいえること。

私が、より一層できることは

何かを発信する時は

気づかないうちに言葉の凶器を突きつけてるかもしれない。

という意識を忘れないことだと思う。

この曲の歌詞が染みてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました